ブライダルアルバムの創り方

Wedding Concierge ウエディング コンシェルジュ

【5分でわかる】”一生の宝物”あなただけのブライダルアルバムの創り方!
【5分でわかる】”一生の宝物”あなただけのブライダルアルバムの創り方!

はじめに

ご結婚おめでとうございます。

ひとかどの式、披露宴をあげるには、結婚式場、披露宴会場、衣装、料理、引出物・・・決めなくてはならないことがいろいろ!
どれをとっても大切のこと。
しかし、日常のお買い物と決定的に違うのは、「失敗しちゃったから、買い換えよう!」 というわけにはいかないことです。
一生に一度の思い出「ブライダルアルバム」は、あなたらしく、美しく残したいものですよね。取り直しのできない、世界で一冊のアルバム作りは、決して安い買い物ではありません。
あなたを後悔させないためにこの小冊子を作りました。
式場には、会場選びや式に進行をアドバイスしてくれるプロが、料理には料理の、衣装には衣装のプロがいるように、アルバム作りもぜひプロの声に耳を傾けてください。
この小冊子では、これまで数々のカップルを祝福してきたブライダル専門のカメラマンたちの切なる声をお届けします。

披露宴の写真は友達が沢山撮ってくれるからプロには頼む必要はない?

「バッチリ撮ってあげるから、私にまかせて!」
お友達の言葉はうれしかったけど、出来上がった何十枚というスナップ写真の中に気に入ったカットはなかった・・・
ブライダル雑誌のアンケートによくある失敗談です。

有名なカメラマンに頼んだから大丈夫!

「プロのカメラマンに頼んだのにイメージと違っていた」という声もよく聞きます。
カメラマンにも得意・不得意の分野があるものです。
風景が得意な人、人物が得意な人、静物が得意な人・・・。
人物が得意なカメラマンでも、雑誌びグラビアのように静止したモデルさんを撮るのと動きのある花嫁さんを撮るのとは勝手が違います。
ブライダルスナップにおいては、会場の照明の具合、お色直しのタイミングや式の流れ、移動の方向など、全ての進行を把握した専門のカメラマンでなければ撮れないシーンが必ずあるものです。

カメラマンを決めたらアルバムを決めよう!

[記念写真タイプ]と[スナップアルバム]
一口にブライダルアルバムと言っても種類が多くて悩んでしまいますね。
ブライダルアルバムは、まず仕上がりの形式から、従来の記念写真タイプ(台紙に収まった大学ノート位のサイズ)とスナップアルバムに大別されます。
記念写真は結婚式場に完備された全天候型スタジオでバックスクリーンを背景に撮影されてきました。
お値段は1ポーズ六切りサイズ(約20センチ×25センチ)2枚一組に一万五千円から一万六千円位が相場です。
近年ではスタジオのない結婚式場も増え、会場でのロケーション撮影も多いようです。
スナップ写真は、ますます多種多様化し、日々進化を遂げています。
カメラマンが花嫁の一日に密着し、昔ながらの記念写真では考えられなかったメイクの様子やちょっとお茶目な表情なだの舞台裏、ふとした瞬間の表情の変化を撮影することもできます。
プロの手によるスナップは、様々な技法を駆使して花嫁を美しく雰囲気のある写真に仕上げてくれます。

[アナログ製本]と[デジタル製本]

製本タイプにはアナログとデジタルタイプがあります。
アナログタイプとは、昔ながらのやり方で真っ暗な暗室で一枚一枚、覆い焼きなどの技法により丁寧に手焼きするタイプ。オーソドックスではありますが、もっとも雰囲気のある仕上がりとなります。ところが「手焼きプリント」をうたっていながら、実際は機械(全自動オートプリンター、一般のDPE屋さんに置いてある機械)で焼いている場合があるので、スタジオ選びにはご注意ください。「手焼き」と「機械焼き」は、見比べればすぐにわかります。
デジタルアルバムは、撮影した複数のデータを加工し、ページごとにまとめたもの。
これもまた、写真製本タイプと印刷製本タイプに分けられます。
仕上がりのよさでのおすすめは、写真製本タイプ。
印刷製本タイプは十年、二十年後には退色してくる場合もあるので、信頼のできるスタジオをお選びください。
また、加工の内容もチェック!キーボー操作ひとつでバックの色を替えたり、キラキラと輝くような加工をしたり、周りを白くボカしたりできるのが、デジタルの良さでもあるのですが、ひとつ間違うと品の無いワザとらしい仕上がりになってしまいます。
センスと技術が必要です。

アルバムの選び方

飽きのこないよいアルバムとは、あなたらしさ、お二人の仲の良さが伝わる自然な表情をそのままうつしだすようなシズル感溢れる写真を丁寧に綴った一冊。

ここでお読みいただいて、あなたのブライダルアルバムはイメージされてきたのでしょうか?

私たちが一番にお伝えしたかった 「アルバム創りの極意」とは、 お客様自身が「撮られたいイメージ」を 明確にし、制作方法・技法、その特性(良い面も悪い面も)を知ることのより、ご自身の意志を持って選択をする、ということです。
「セットのなっているので、お得です」とか「これが一番人気のアルバムセットです。ほとんどの方にこのセットをお選びいただいていますよ!」という、営業・販売サイドの言葉に惑わされることなく、製作者(クリエイティブ)の意見にも耳を傾けていただきたいのです。

ページを開くたびに感動が蘇る、一生の宝物となるブライダルアルバムづくりは正しい知識と選択から!

「スタジオエアロ」がお手伝いします。

コンシェルジュ トップに戻る