結婚式の歴史

Wedding Concierge ウエディング コンシェルジュ

結婚式の歴史
結婚式の歴史

神代の時代に性を持つ最初の神、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみみこと)が自分が創造した島に八尋を建てその中で儀式がおこなわれました。この儀式が後の結婚式の起源ではないかという説があります。

古墳時代は妻問婚で、自由恋愛での結婚でした。妻問婚は儀式的な要素は含まれていませんでした。

奈良時代、農民たちは、三日餅といい婿取りの儀式を行っていました。男性が女性の家に通い女性が餅を男性に食べさせて、家族の一員としました。

平安時代になると、結婚式は貴族にも広まり多様化していきました。三日餅の儀式、男性が三日女性の元に通い三日目に餅を食べ、その後周囲に公にする文献が多くみられます。

鎌倉時代は母系型家族形態から父系型家族形態に移行し始めた時代で、婿取婚の形とっていても、時期が過ぎると夫方で居住するようになり始めました。

室町時代は武家社会では嫁鳥婚が主流となり始めました。政略結婚も盛んになり結婚式の礼法も整い始めました。色直しや引き出物もこの頃生まれました。

江戸時代も今のような神前婚は行われず、結納を行ったり仲人を立てることが慣習化され武士は嫁入り婚を行っていました。庶民は婿入り婚が多かったようです。

明治時代、明治3年縁組規制が制定され、華族は太政大臣に、士族以下は管轄府県へ願い出るようになった。翌四年に戸籍法が定められ、華族から平民に至るまで通婚が許されるようになった。また婚姻法が制定され、一夫一婦制が導入されたため側室を持つことはできなくなったが現実はそうではなかったようです。民間の儀礼は婚礼ですが、ほぼ自宅で古式に則り行われていました。

大正時代は明治33年皇太子嘉仁親王(大正天皇)と九条通孝の四女節子との婚儀が、今日の神前式の形式に大きな影響あたえています。この形式は御饌御酒を供え、お供えした御神酒を三三九度により新郎新婦が戴くことで契りが結ばれるという信仰的な儀式です。式は神前式が増え自宅婚は減っていった。宴会は料理屋またはホテルで行われるようになり始めた。

昭和から平成・令和へ

昭和6年に目黒雅叙園がオープンし飲料、衣装、美容、写真などが完備され総合結婚式場が開業した。

戦後は一時民主化の波で人前式がブームになりシンプルな結婚式が行われれました。昭和22年明治記念館が開業、昭和23年横須賀冠婚葬祭互助会が誕生し昭和32年互助会直営の総合結婚式場 長寿閣をオープンさせた。33年高砂殿 36年平安閣 38年玉姫殿と互助会直営の総合結婚式場が次々とオープンした。

昭和34年皇太子明仁親王と正田美智子さんのご結婚の儀とリ行われ皇居から東宮仮御所までパレードがTV中継され、宮中の祝宴は3日間行われました。そして昭和35年俳優石原裕次郎と北原三枝が結婚式を挙げ披露宴は鯱をデザインした氷の彫刻が飾られ、高さ1メートルのウエディングケーキなど演出性の高いゴージャスな披露宴がブームになりブライダルが産業になっていきます。

現在は挙式はチャペル式、神前式、人前式(シヴィルウエディング) 仏前式等多様化しそれに伴い披露宴もホテル、互助会、ハウス、レストラン、カフェなど多様化しました。

コンシェルジュ トップに戻る