写真用語集

Wedding Concierge ウエディング コンシェルジュ

用語集
用語集

写真用語集 あ行

アウトフォーカス ピント、意識的に焦点をぼかす技法。
あおり レンズ面とフィルム面を動かして、画像のゆがみ、遠近感、ピントなどを変化させる操作。大判カメラなどビュー・カメラでは標準で蛇腹部分を稼動させる事小型カメラでは、ベローズユニットやPCレンズを使用する事で、あおり撮影が可能。
赤目 フラッシュとレンズが近すぎるとフラッシュ光が目にあたり、
眼球の血管に赤色光が反射し目が赤く写る現象。この現象は、夜の戸外や、薄暗い照明の室内など、照明のレベルが低いときによく発生します。
アンダ 露出不足。暗い事。反対に露出過多、明るい事は、オーバーと言う。
アクセント 風景写真やスナップ写真で、主役の被写体のほかに、その主役を引き立てる効果をもつように入れた被写体で、画面構成のテクニックの一つ。
一眼レフカメラ 撮影するレンズと、被写体を見るレンズが同じレンズを使うカメラ。撮影レンズを通してファインダーを見ることができるので、ズームレンズではその効果を見ながら見たままに写すことができる。
一脚 足が一本しかない三脚。モノポッドとも呼ばれる。カメラを静止させることはできないが、被写体の左右の動きを追う場合に便利で、上下動によるカメラブレの心配が少ない。
イメージ解像度 デジタル写真のピクセル数のことを、一般的にイメージ解像度と呼ぶ。
イメージサークル レンズを通った光が像を結ぶ時の、画像の大きさ、範囲、直径。感光材料(フィルム、撮像素子など)が、その範囲の中に収まっている部分のみ感光。
インクジェット 微小なノズルから液体粒子を噴射して紙にインクを付着させるタイプのプリンタ。
インターバル撮影 一定の時間で自動でシャッターの切れる様な装置、機構。定点観測などに使う。
後玉 カメラ用レンズは複数枚のレンズの組み合わせで構成されているが、その中でも、一番後ろ側についているレンズの事。
雲台 三脚 や 一脚 に取り付け、カメラを接続・固定する役目を持つもの。“パーン棒”と言う角度調節用のハンドルのあるタイプが一般的。
黄金比 1:1.6180339887‥‥‥
美術、数学、生物学、建築学、はたまた宗教学において、この比率は最も美しい数字だと言われている。
オートフォーカス(AF) 自動でピントを合わせる機構、カメラ。
対して人力でピントを合わせるカメラを、マニアルカメラ。
オーバー 露出過多、明るい事。明るめに撮る事を、オーバーめに撮ると言う。反対に露出不足。暗い事は、アンダーと言う。
コンシェルジュ トップに戻る