Tips 豆知識

写真撮影の種類/後撮り

写真撮影の種類/後撮り

■「後撮り」とは? メリットと撮影時期

「後撮り」とは、結婚写真(ブライダルフォト)の別撮りを結婚式よりも後に行うことを言います。

「前撮り」と同様に挙式とは別の日に撮影しますので、場所や衣装にこだわりながら、気持ちや時間に余裕を持って、また結婚式では着ることのできなかった衣装で撮影することができます。

一般的には「前撮り」として結婚写真(ブライダルフォト)を結婚式前に行うことが多いと言われていますが、結婚式を終えてから自分たちのタイミングで撮ることのできる「後撮り」も、注目が集まっています。

■「前撮り」と「後撮り」の違い

「後撮り」は「前撮り」と同じように、スタジオ撮影やロケーション撮影があります。ただし、結婚式場によっては「前撮り」や「当日撮影」のみで「後撮り」はできないこともありますので、結婚式の会場や式場提携の場所での「後撮り」を希望している場合は、結婚式後に別撮りが可能なのかを事前に確認しましょう。

■「後撮り」のメリット

・準備に時間がかけられる。「前撮り」は結婚式や新生活の準備で忙しいが、「後撮り」なら余裕をもって準備ができる。

・結婚式で撮れなかった写真をピンポイントで撮ることができる。

・結婚式で着ることができなかった、和装やドレスを着ることができる。

・結婚式が終わってひと段落してから色々と後悔してしまったことを、もう一度撮影でできる。

・結婚式を行った後なので、「具体的なイメージ」が明確にわかる。

後撮りは主に「スタジオ撮影」と「ロケーション撮影」の2つがあります。